真宗大谷派廣讃寺

雑記

2013-12-01

無題

今年もなんとか報恩講を勤めることができました

やはり、一年の中で一番大きな行事ですね

さっ、いよいよ、今年も終わりが見えてきました

カレンダーも、あと一枚

2013-11-28

無題

仏華は池坊の立華が基本とされています

今回の報恩講では池坊の先生にお願いし仏華を立てていただきました

廣讃寺は毎年12月の第1日曜日を報恩講の最終日としている。

そして廣讃寺は準備を含めて3日間、報恩講をしている。

そして廣讃寺では毎年、11月28日を、おみがきの日にしている。

今年は12月1日が第1日曜日になる。だから、おみがきの日、11月28日から、29、30、12月1日と、4連続になる。

さて、今日から四日間頑張らねば。

2013-11-13

マルソデカラッパを飼育します

「マルソデカラッパ」というカニをホームセンターで買ってしまいました。

その姿はとてもかわいくて、動き方も滑稽でした。海水の生き物だったんですが、ついつい買ってしまいました。

でも、飼育方法は店員さんでもあまり知らないみたいで、エサは主に生きたタニシらしいです。

それは大変だからと買うのを思いとどまっている様子をしていたら、

「ひょっとしたら、イカの切り身とか魚の切り身でも大丈夫だと思いますよ」

と言われ買ってしまいました。

その時一緒に海水用のタニシを十匹ほど買ってきたんですが、一晩ですべて完食。店では活発に動いていたのに家に連れてきたら、砂にもぐってジーッとしてほとんど動かないんで残念です。

2013-10-31

伊藤さん

廣讃寺の役僧をしてもらってる伊藤さんです。

最近、右側顔面麻痺になってしまいました。81歳。 廣讃寺同朋会の功労者。 とても心配です。

2013-10-13

慣れてきて、当たり前になって不感症に

私ごとながら、生きていて幸せを感じられない。
まだまだ20歳、若い頃はどれだけ幸せだったか。
不安もなく、さほど悩みもなく、好奇心旺盛でいつもワクワクしていた。
よく「若いっていいね」っていうけど本当にその通りで。
あー、あの頃は幸せだった。

もう絶対に戻れない過去。あのような毎日が新しく、無鉄砲で、明るい日は、一日一日遠い過去になっていく。
人間の幸せは、本人が「幸せだ」と感じなければ幸せにならない。
逆にいえば、どんなに過酷な状況にあっても、幸せだと思えさえすれば幸せだ。

「ウキウキ」「ワクワク」という感情がまったくわかない。
もう枯れた木のような、風が吹いて倒木するのを待つだけのような。

2013-10-07

インターネット社会

衣類小売業チェーン「しまむら」の店員に土下座をさせた、ということで強要罪で女性が逮捕された。

土下座をさせたところを写真を撮りツイッターに載せたら、あれよあれよという間に社会問題にまでなった。いわゆる炎上である。

そして、そんな経緯をもって逮捕となった。

逮捕をされたら、無残なほどプライバシーが晒される。

逮捕された女性はもちろん、子供の写真まで。

女性が、フェイスブックなどで公開していた写真が拡散している。日本中に。

悪ふざけが取り返しのつかないことになる媒体がインターネットである。

2013-09-24

秋季彼岸永代経

廣讃寺では彼岸のお中日(春分の日・秋分の日)に、永代経法要をお勤めしてます

みんなでお経を読んで、お説教を聞きます

それから、おとき(昼食)をいただき、子供の献花

それからまたお経を読み、お説教を聞きます

そのあと今年も『帰敬式(おかみそり)』をおこないました

今回もたくさんの方が集まりました

2013-09-02

蓮のつぼみ

本日、九月五日です。

そして、この写真、先ほど撮影しました。

2013-08-24

無題

本山に二泊三日の研修に行ってきました。

廣讃寺からは十数名が参加し、睡眠不足と闘いながらあっという間の三日間を過ごしました。

本山では阿弥陀堂の修復がされており、屋根の修理を様子を見学できました。

やはり東本願寺は大きいですね。

それにしても暑かったですよ。

2013-08-19

お盆も終わり

今年のお盆もたくさんの方がお寺にお参りにみえました。

35度を超える暑さの中、よくお参りにされました。

ふつうなら

「これだけ暑いんだからやめておこうか」

という意見が出てお参りに行くのはやめておこう、となりそうなもんですが、

やはり熱心です。

暑すぎてセミも鳴かない、まぶしすぎて目が開けられないほどの真昼間の炎天下の中でお寺にお参りに来られる方には本当に頭が下がりました