真宗大谷派廣讃寺

法話コーナー

ぜひお聞きください

無宗教

現代社会において「私は無宗教です」と言う人が多くいます。
科学の発達した現代に神や仏などないと言い切る人もいます。
しかしお寺に相談に来られる方々の中には、「私は先祖から呪われているのではないでしょうか?」ということをおっしゃる方もいらっしゃいます。
最近では葬儀も家族葬とか密葬とかで近親者を葬り、それでおしまい。というケースが増えています。
面倒だし、お金も節約したいし、簡単に済むことがすごく良いことのように。
しかし、そんな人に魔の手はのびるような気がします。
自分の身に不幸が重なって起きた時、「なぜこんなに悪いことが続くのか」という原因を先祖にあるとしてしまうのです。やはりどこか後ろめたいところがあるのだと思います。
葬儀を豪華にやることがいいとは思いませんが、葬儀が片付け仕事になってしまっては、亡くなった人を仏様として手を合わす機会もなくなり、のちのち先祖の呪いだとか言って、亡くなった人を悪魔として怖れて生きなければならない。
そんな人たちも増えてきたように思います。

2014-01-16