真宗大谷派廣讃寺

法話コーナー

ぜひお聞きください

苦しみとは

人生うまくいっていると思っている時はほとんど考えないでしょう。イヤなことあれば何か考えるでしょう。悩むということは考えるということです。

たとえば、人間関係でイヤなことがあれば、あいつは何て奴なんだ、あの人は一体どんな人なんだ、私が悪いのだろうか、私はどんな立場なのかというように考えるでしょう。そこから深く悩めば、私って何?人生って何だろう。なんで生きてるの?といったように、マイナスな事があった時に人は考える。考えるというより、考えさせられる、といったほうが正確だろう。

今日は一日何もなくてよかった、と思うような日は何も考えなかった一日といえるのかもしれない。

苦しみなんてないほうがいいと思うのだけれども。苦しみからは逃れたいのだけれども。いろんな自分への苦しみが人生を深くする。

2018-02-23

一日

朝、目覚め、「さて起きるか」から始まり、歯みがき、洗面、朝食を習慣どおりにこなし、午前中に行うことをして昼食をとり、昼への行動へと移る。いつの間にか夕方になり夜を迎える。夕飯を食べて、何かをしていると、いつの間にか寝る時間。また今日もこんな一日だった。そして寝る。

何もないということは良いことだ、平凡な毎日さえおくれることができれば幸せだ、とはとても思えない。いつの間にかこんなに月日がたっていたという感覚は、このままでいいのかという不安にかられる。今まで自分は何をしてきたのか。何のため生きてきて、これからなぜ生きていくのか、そんな根本的疑問がわいてきたときに仏は歩み寄ってきます。

2018-02-02

クライマックス

例えば、楽しい一泊旅行に行く前はウキウキします。旅行に行っている時より嬉しいくらいです。

いざ旅行の日になればあっという間に時間は過ぎます。

出発し、どこか観光地に行き、さて宿に着いた、お風呂だ、夕食だといっていたら、いつの間にか、もうこんな時間かそろそろ寝ようと。そして朝、目が覚めれば、楽しい旅行ももう終わりか、明日からはまた普段の生活だという思いが頭をよぎる。明日からはまた節約しなきゃ、と。朝食を食べて宿を出たら時間がたつのは早い。すぐに昼食の時間。どこか観光地に行って帰路につくころ、今夜のご飯をどうしようと考える、という感じでしょうか。

旅行に行ったという満足感があっても、帰宅後、一晩寝れば薄れます。疲労感のほうが残るかもしれません。

そうやって考えると、何か旅行全体を楽しんでいるような気がしないのです。

子どものころ、「もういくつ寝るとお正月」といっている頃はウキウキしていましたが、元日も昼を過ぎた頃から急激に冷めていきました。新年なんていう真新しさも急速に色あせる。「いつまで正月気分でいるんだ?正月ボケか」という言葉をよく聞いたが、正月ボケになる前に正月なんて終わっている。

旅行にしろ、正月にしろ、なぜかその当日を一番に楽しめていないのです。むしろ前日のほうがイキイキしている。クライマックスが前日というのもおかしな話ですが。

旅行や正月だけではありません。自分にとって楽しいことを本当に味わえているかということです。さらに楽しいことだけではなく、当日、当日を味わえているか。一年後とか明日とかではなく、【今】に足をつけて生きているかということが問われてきます。【今】に足がつけば、毎日がクライマックスになります。

2018-01-01

なつかしさ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

門徒さんと話をしていると昔の話が圧倒的に多いことに気づく。
年輩の門徒さんがまだ娘さんだった頃の話、または戦争中の話、昔の稲葉地の話。どれも50年はたっていることを数年前のことのように話す感じか。
私も40代後半になりようやくその気持ちが少しだけわかるようになってきた。
もうとても若いとは言われない年齢となり、若いということがどんなことなのかが少し見えてきた。
無鉄砲、感受性も豊か、再生力もあり、頭脳も明晰、純粋。若いなりに悩みもあるに決まっているが。今のようなドロッと重い悩みではない。歳をへればへるほど何とも空虚な悩みも加わる。加齢とともにそれらの悩みや空虚さで幸せがあせてみえる。
歳をとって家を引っ越しすると頭が環境についていけずに認知症になりやすいというが、若い時には環境の変化もまた「新しい変化」としてワクワクして受け入れることもできた。
そんな感動も歳とともになくなり、感動をしていた若い頃をなつかしむのが関の山。これが「老」の苦しみの表れだと思う。
もう誰もが若い頃のように感動することは二度とはないであろう。
しかし死ぬまでは昔の若き日をなつかしみながら生きていかなければならない。寿命が長くなるというのはその時間が長くなるということともいえる。
ノスタルジーと言われるが、そんなものにすがって生きるしかないというのも、これからの自分は何なんだということになる。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

2017-01-26

僧侶

私の思い描いている僧侶とは、
よく見聞きし冷静な人、人間関係もしっかりとし、仏道を歩む者として常に自覚のある人、そして誠実そうにみえる人だ。
しかし、私自身はそれに当てはまらないので本当に向いてないと思う瞬間がたびたびやってくる。その都度それをどうごまかしたらいいのかと考えるのだが、それでは解決にならないとわかるとまた恐ろしいほどの虚しさに襲われる。
親鸞のいう愚禿という重く深い自覚ではなく、軽いチャラチャラとした感覚なので話にならない。
僧侶の格好をしているだけ、それをし続けるというのもそんなにいいものではない。
「どんな仕事でも大変だ」という言葉で片付ければ簡単なんだが、それではもっと浅い。自分は何をしているのか?何のために?
いろんなお坊さんと交流するのだが、皆、何をするために僧侶になっているのかの理由探しをしているのだろうか。もちろん、食べていくためにこうするああするということもあるだろう。
僧侶というのは真面目に生活していれば普通に済んでいくものかと考えてしまう。抑圧みたいなものに耐えられなくなり全国ところどころでいろんな事件を起こすんだろうな、僧侶が。
周りのことに振り回されず、生きていくというのはどんなことなのかを、より真剣に考えるのが僧侶として大切なのかと。

2017-01-26

青い鳥

我々、すべての人間は幸せを求め生きている。
『青い鳥』という童話があります。
青い鳥という幸せを探しにでかける主人公たち。
過去の世界に行き青い鳥を探しに行くが本物ではなく、未来の世界に探しに行くが、またしても本物の青い鳥ではなかった。
結局、青い鳥はどこにいたのか。
青い鳥は自分たちの部屋の鳥かごの中にいたという話。
過去でもなく、未来にでもない、今、この現実に青い鳥はいたという話。
過去にばかりとらわれ「昔はよかった」という生き方
「そのうち幸せになれる」という未来に幸せを期待する生き方
実は今すでに幸せの中にいるのである。
已 能 雖 破 無 明 闇
すでに無明の闇は破られている

2015-07-06

夕べには白骨となれる身なり

私の寿命はあとどれくらいか?
血圧も高くないけど、中性脂肪が少し高いのが気になる。あと少しだけ糖尿病の兆しも出てきた。
まあ、あとこれぐらいは生きられるだろう。
みたいな感じで軽く考えている。
「あしたには紅顔あって、夕べには白骨となる身」でありながらだ。
南海トラフの地震がいつ起きてもおかしくないそうだ。これは地震学者が言うのだから間違いないだろう。
東海大震災が来る来ると言われながら、知りながら平気で生活している。
南海トラフの地震が起これば最悪30万人以上の死者が出るらしい。しかし、そんなことを聞いても、まさか自分が地震で死ぬなんて予想もしていないし想像もつかない。
南海トラフの地震が起こったら自分の家が壊れるくらいとしか考えていないようだ。

2014-10-28

早く家に帰りたい

中日新聞に載っていた。
ぼくは
早く家へ帰りたい
時間の川をさかのぼって
あの日よりもっと前までさかのぼって
もう一度
扉をあけるところから
やりなおしたい

高階杞一
この詩を読んだら心が動かされた。
仏教というのは学習してもさほどのことではない。経典の内容を分析しても、それは単に自分流に翻訳しているようなものです。そして、信じることができないとか、わけがわからないとか、難しいとかいう感想で終わらせているだけだ。
仏の教えにより心が動かされるとき、そこには論理だとか、根拠だとかは問題ではなかったことに気付くと思う。

2014-02-16

無宗教

現代社会において「私は無宗教です」と言う人が多くいます。
科学の発達した現代に神や仏などないと言い切る人もいます。
しかしお寺に相談に来られる方々の中には、「私は先祖から呪われているのではないでしょうか?」ということをおっしゃる方もいらっしゃいます。
最近では葬儀も家族葬とか密葬とかで近親者を葬り、それでおしまい。というケースが増えています。
面倒だし、お金も節約したいし、簡単に済むことがすごく良いことのように。
しかし、そんな人に魔の手はのびるような気がします。
自分の身に不幸が重なって起きた時、「なぜこんなに悪いことが続くのか」という原因を先祖にあるとしてしまうのです。やはりどこか後ろめたいところがあるのだと思います。
葬儀を豪華にやることがいいとは思いませんが、葬儀が片付け仕事になってしまっては、亡くなった人を仏様として手を合わす機会もなくなり、のちのち先祖の呪いだとか言って、亡くなった人を悪魔として怖れて生きなければならない。
そんな人たちも増えてきたように思います。

2014-01-16

仏法聞き難し

三帰依文の冒頭、
「人身受け難し、今すでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く」
とある。この中で「仏法聞き難し」とはどんなことなのか。
人間として生まれ、お寺に行き仏の教えを聞く機会はなかなかないものだよ。と、こんな感じで軽く考えてはいないだろうか。
仏法が聞こえるか聞こえないかは、こちら側の問題である。
例えば、「今なんとか幸せにやっておりますよ」なんていう心境の時に仏の教えなど響くことはない。
「本当に困った。もう何ともならない。絶体絶命だ!」という時に仏の教えが受容されるのではないだろうか。
『受容』という言葉ではなんだかしっくりこないが、【受容体】という言葉の意味を調べていたら、こんな感じではと思い用いた。
【受容体】細胞表面にあり、細胞外の物質や光を選択的に受容する物質の総称。光受容体・ホルモン受容体・抗原受容体など。レセプター。
我々の心は、仏法を受容することを拒絶しているのではなかろうか。
仏法を受容することがいかに難しいか?
例えば「仏に身をまかせましょう」という言葉をきけば、そんなのはいやだと、たやすく首を横に振ってしまうのです。

2013-05-22