真宗大谷派廣讃寺

雑記

2018-04-12

カラスの巣

境内北側の電柱にカラスが巣を作りました。

カラスにはいろいろと悩まされていて、手水で水浴びをされ、その後ひしゃくをバラバラに壊されてしまいました。それ以来、手水の水を張るのを少し見合わせています。

2018-03-27

桜咲く

今年は早く満開になりました。

花が散るとすぐに緑の葉が大きくなります。

そんな葉は毛虫の大好物。

今のうちから『オルトラン』という農薬をまきました。

この薬は、木の根元にまき、土から根へ、根から吸い上げられ幹、枝から葉へと到達します。そしてその葉を虫が食べると死ぬという感じです。

一昨年は全くの無農薬にしたところ、秋には葉が全滅していました。

学校とかの桜は毛虫対策はどうしてるのでしょうか。

2018-03-23

女人講報恩講

明日は女人講の報恩講です。

お華束も出来上がりました。お華束の形は花の形になっています。ちょうど桜の時期には合いますね。

2018-03-21

雨の春季彼岸永代経

  1. 夜からずっと降り続く雨。

みなさんがお寺にお出かけされる頃はかなり強い雨でしたが、本堂にはたくさんの方が集まりました。

法話の講師の前田健雄先生にお話しいただきました。

一休さんと蓮如さんのエピソードの話がとても面白かったです。

法話終了後、米野にある円福寺の門徒さんたちによりバザーと展覧会が開かれました。アップルパイや小物や仏具を買ったり、展覧会では布絵を見たり、大変楽しかったです。

2018-03-05

◯◯さん

最近、人と話していて芸能人の話になると、その芸能人に、「さん」付けをする人が増えたように思う。芸能人だけでなく、有名人に対しても。

かつては、たとえば「五木ひろし」とか「美空ひばり」とか呼び捨てで呼ぶ人が多かった。

今だと、たとえば「将棋の羽生さん」とか「スケートの羽生君」など。

まるでテレビでタレントが有名人に対して、さん付けをするかのごとく。

「小室哲哉さん」とか。

ネットでは不特定多数の人が閲覧するから自ずと「さん付け」になるのはわかる。それが、我々が日常的な会話にも影響したのだろうか。

2018-02-28

蓮の植え替え

2月も最終日。

カレンダーも明日から3枚目になります。

陽射しも少しずつ強くなり、車の中では暑いくらいになりました。

そんな暖かさに後押しされて、今日は蓮の植え替えをしました。

蓮の鉢、大小、全部で13鉢。

写真に写っていますが、蓮の植え替えの時って、蓮の鉢の中は蓮根やら根っこやらで、鉢の中はいっぱいになってます。それに泥がくっついていて重いこと重いこと。

半日かけてやり遂げましたが、腰が痛いですね。

でも綺麗な花が咲けば嬉しいですからね。

2018-02-11

ふきのとう

寒い日が続きますが、もう春は来てるんですね。

このふきのとうを見ると寒いのもあと少しだと思います。

 

2018-01-27

積雪凍結

1月も早、後半となりいよいよ本気で寒くなってまいりました。

本堂の中で読経をすれば機関車のように口から白い息が出てきます。

2018-01-08

成人の日

元日から一週間がたちました。

今日は成人の日ですが全国的に朝からずっと雨です。

成人というのは子どもから大人になることを言うのでしょうが、私自身の20歳の時を振り返ってみても、20歳に大人の自覚があったか疑問です。

では今はどうか。もう成人式から数十年がたちましたが、大人という自覚がなく今に到っているような気がします。大人を通り越して、歳をとったな、という自覚はすごくあるのですが。

2018-01-01

2018年修正会

いよいよ今年がスタートしました。

毎年、元旦には10時から修正会(初詣のお勤め)を勤めます。

今年もたくさんの方々がお参りにみえました。

今年はどんな年になるのでしょう。楽しみというより、なぜか不安を感じる、というのは、こんな世の中だからでしょうか。

ちなみに写真は、門徒さんより送っていただきました。